Temtemで上達する為の戦い方や考え方【中級編】

テムテムで戦うときに考えていること。
ポケモンシングル出身者が多いようなので、ダブルでの大事な考え方を解説。
人によっては基本的なことかもしれません。

■ケア
起きるかどうか分からない、ある特定の状況に対して保険を作っておくこと。
例えば、もしダメージ軽減アイテムを持ってると倒すことが出来ないので、二人で集中的に狙ってケアした、等。

■テクニックの一貫性
あるテクニックに対して、等倍以上のダメージが入るテムテムがどのくらいいるか?の考え。テクニックを利用するテムテムとタイプが一致しない場合は弱点以上で考えたり、物理耐久が高い的への等倍は一貫性がないと考えることもある。
明確な定義はないが、自分がそのテクニックを利用して盤面が有利になるかどうかの感覚で良い。
テクニックの一貫性が高い技を選ぶことは、相手が交換したとしてもダメージを出しやすい技を選ぶことになる。
このゲームはダブルバトルなので、左の敵を狙うとき、右の敵のタイプ相性を無視することができる。
例えば、左の敵が風弱点、右の敵が風抵抗だったとしても、このターン右の敵が左側にくることはないため、相手の控えが風等倍以上であるなら、風属性は一貫性が高いことになる。
また、左の敵が風弱点かつクリスタル等倍で、相手の控えが風抵抗が多く、クリスタル等倍しかいない場合、相手が交換しなければ威力が高いのは風タイプだが、一貫性が高いのはクリスタルタイプのため、クリスタルタイプのテクニックを使うことで、相手の交換を【ケア】することができる。

■テムテムの一貫性
テクニックの一貫性に加えて、自身の抵抗タイプや覚える技などすべて引っくるめて考える。
簡単に言い換えると、自分のテムテムが苦手なテムテムが相手に少ないほど、一貫性が高い。
バンピックでは相手の一貫性が高いテムテムをバンし、自分の一貫性が高いテムテムをピックすることが、一つの考えとしてある。
試合中は一貫性が高いテムテムを優先的に倒せると試合を有利に進めることができる。
テムテムの一貫性が高いと、結果としてテクニックの一貫性も取りやすくなる。

■縛り
単純相性では不利な状態をフィールドの出しているテムテムや技のクール時間の関係から不利ではなくすこと。
例えば自分がギャリス、マスティオーネ相手が少しhpの減ったバルフィーであったとき、マスティオーネはバルフィーの地タイプのテクニックが弱点だが、ギャリスが行動順序的にバルフィーより先に動いて倒すことができるため、ギャリスがバルフィーを縛っている状態である。
また、バルフィーがギャリスに対して地タイプの技で弱点をつけるが、ギャリスに先に落とされてしまうため、伝染病しか打つことができず、マスティオーネ抜きにしても縛っている状態である。
但し、カバー等でギャリスのフックキックを不発させると、次のターンは大きく打点を取れないので、縛りが解除される。
盤面の状態(主に行動順序)から、相手が取れる行動を減らし、有利な行動をさせないことも一つの縛りである。(縛りにはスタミナや技のクールなどいろいろなものがあるが基本として相手の行動択を減らす考えである。)
また、ギャリスのhpが著しく低く伝染病で倒せる場合、バルフィーはギャリスのフックキックを縛っているため、シャープスタッフしか許さない。これも一つの縛りだ。
気絶後に出す場合や交換する時に如何にして相手を縛れるか意識するととても強くなる。
また倒す事で縛る以外にも、先に睡眠させるのことで縛ることができる。
例)自分がキヌとトゥーバイン、相手がマスティオーネの時にキヌの催眠術がマスティオーネの行動より先に入るため、例えキヌとトゥーバインが火弱点でも催眠術によって縛ることができる。

■同時(タイプ分散)攻撃による交換ケア
相手の出しているのが風弱点でクリスタル等倍、控えが風抵抗、クリスタル等倍の時、クリスタルを使うことでケアできる。それ以外にもテクニックは風を選びつつも、横にいるテムテムで、相手の風抵抗の控えが弱点とする技を選んでおくと、交換しなくても交換しても一定以上の打点を取ることができるため、相手の交換行動をケアしている。

■ダメージレース
お互いのテムテムが交互に攻撃し合ったときのダメージの減る割合。ダメージレースに勝つとは、1ターンあたりのダメージ割合が敵を上回っている場合、将来的に先に倒すことができる。
ダメージレースが均衡している場合は速度の早いほうが最後の1撃を入れることができるため、先に倒すことができる。
素早さはバフデバフの順序を変える以外にも、ダメージレースで最終的に勝利したり、相手を縛るのに関わってくる。
例えダメージレースに負けていても、石壁などを使ってなら攻撃を開始することで、レースに勝つことができることがある。
引っ叩きや咆哮はダメージレースを有利に進めるために利用する。

■まとめ
基本はダメージレースに負けている状態は不利なので、なんらかの手を打つべきである。(交換して相性を変えたり、縛りをしてレースの順序を入れ替えたり。)
但し、一貫性が高いテムテムを敵にする場合はHPを減らすこと、数人掛かりで倒すことは結果として勝利につながるため、ダメージレースが不利でも攻撃すべきである。

今日はここまで。

temtemでのSTA調整方法。育て方

temtemで育成で悩んでいる方のために、スタミナはどういった調整で考えているかの紹介記事

■スタミナビルドの基本指針
スタミナに振るということは、それだけ他のステータスが低くなるということです。
また、スタミナを使い切る前に気絶したり、スタミナを少し使って下がることが多いと無駄になってしまいます。
なので、スタミナに大量のTVsを振る運用はまず行うことはなく、少量で効果的な振り方を考えましょう。
具体的にいうとTVs70振るのはだいぶ怪しくて、100を超えていると振りすぎです。
30くらいでパフォーマンスがあがるようなら、まずは振ってみてもいいかもしれません。

■スタミナをいくつ振るかの考え方
スタミナを降るときに考慮するのは以下のうちのいずれかな場合がほとんどです。
1. 自然回復量を最大化する
2. 端数を少し降って繰り上がるときに振る
3. 役割に応じて最適化する

まず、「1. 自然回復量を最大化する」
temtemにおいて、スタミナの回復量はスタミナの最大値によって決まっています。

スタミナの回復量は「スタミナ最大値5%を切り上げて+1した値」です。
スタミナが60のとき回復量は4で、61のとき回復量は5になります。
最大値としてはたった1の差ですが、5ターン経過するとその差は6になります。
特に低コストのテクニックを利用するテムテムの場合、ターン終了時の自然回復分コストが減るようなものなので、
12コストの技をスタミナ最大60のテムテムが使う(実質消費8)
12コストの技をスタミナ最大61のテムテムが使う(実質消費7)
と、技のコストが下がっているともとることができます。

大技メインのテムテムの場合は気にしなくてもいいかもしれませんが、30程度で回復量が増えるのであれば、
最初の育成では少し振るだけで「61,81,101」にスタミナが届きそうなら、まずは振ってみるのがおすすめです。

さて、この自然回復量の最大化は一つ特別なパターンの調整があります。
それは「スウェットバンド」を装備するテムテムの場合です。
スウェットバンドを装備する場合、上記「61,81,101」以外にも、
57,64,71,78(78は推測値)でスウェットバンド分の回復量が繰り上がり、増えます。
スウェットバンド装備予定のテムテムは必要に応じて専用の調整が効果的になるかもしれません。

次に「2. 端数を少し降って繰り上がるときに振る
これは言わずもがな、なんですが、他の振りたい能力値を振ったあまりを振る場合です。
しかし、回復量が繰り上がらないのであれば同じポイントを振って、他ステータスがあがる場合はそちらを上げたほうが有用な場合が多いです。

最後に「3. 役割に応じて最適化する」です。
これは毎回同じ行動をするテムテムがスタミナ切れを起こさないように回復量の切り上げとは別に特別に振るやり方です。
基本指針にもれず、「少量で目的を達成できる」場合にのみ振ります。
最大Lvが48時代ではグランパなどがこの振り方をすることがありました。
交換出しからの高速演舞(27)→ハイパーキネティックストライク(28)で51あるとスタミナアウトがなくなったため、sta51調整が上位の方では多かったです。
スタミナアウトしなくても、次のターンは交換か待機がほとんどですが、超えた分のダメージを受けないことと、頑張れば動ける状態であることは試合を有利にすすめることができます。
正直、この振り方は事前に考えてふるやり方ではないので、まずは1か2の考え方で振り、実際に試合で使ってみて、スタミナが1-2足りない場面に遭遇することが多いようなら振り直すといいです。
最初から完璧な調整を求めないのが、良い調整をするコツだと思います。

戦闘苦手な人も戦闘好きな人も日本語で交流可能な方のクラブメンバーは随時募集しています。
上記のような情報共有や質問も受け付けられるので、まずは体験からでもお声かけくださいね。

スマホでtemtemを始めよう!

★おことわり
クラウドゲームサービスは回線速度に大きく影響されます。
やっていただいて後悔しないように可能な限り補足を載せていきますが、内容の正しさ等に責任は持ちません。
執筆時の情報となるため、情報が古い場合もあります。正しい情報はご自身で調べることをおすすめします。

temtemをやりたいけど、ゲーミングPCがない・・・
そんな貴方に朗報!
2020年6月からサービス開始のGeForce Nowでtemtemがプレイ可能です!

■対象OS
Android、Windows、Mac
※iOS(iPhone)は未対応

■動作要件
公式リンク
[ポイント1]グラボや低スペックPCでも動作
[ポイント2]一応外からも動くけど、4G回線からの動作は期待しないこと。スマホもWi-Fi環境前提でまずは考えたほうがいいかも。5G来たら変わるかもねー。
[ポイント3]マンションとかだと夜は重かったりするので、事前に回線速度計測がおすすめ!(必須15Mbps:推奨25Mbps)

■対象ゲーム
以下から遊べるゲームを調べることができます。
遊べるゲームを探す
[ポイント1]ゲームを別途購入する必要があります。
[ポイント2]Temtemはターン制ゲームなので僅かな遅延は問題にならない

■サービス開始時期
6月予定(おそらく上旬?)

★FAQ
▼何歳から利用可能?
16歳以上が対象のサービス

▼低スペックスマホでもいい?
ある程度は必要だけど、ハイスペックな必要はないよ。回線速度のが大事。詳細は動作要件みたり、ベータテストで同じ機種使ってた人いないか調べるといいよ。

▼いくらかかるの?
ソフト代とは別に月額(1800円)がかかるよ。
2020年6月から7月まで全員無料、7月から半年くらいは半額らしいよ。無料期間だけやるのもいいかもね。
他のPCゲーも遊べるようになるからいいかもね。

▼遅延はどうなの?
クラウドサービスだから少なからずあるよ。
国内サービスだから遅延は少なめとは思うけど、半年くらいベータテストやってたから、実際にやった人の感想聞くのが早いと思うよ。
別サービスの感想だけど、格ゲーとかは難しいと思うけど、モンハンはガチでやるにはギリギリ、RPGは気にせず遊べたよ。

▼セーブデータPCに引き継げる?
Steamクラウドなのでpc変えてもデータは共通。

▼コンシューマ版にデータ引き継げる?
一緒にプレイは出来るけど、別本体へのデータ引き継ぎはまだ未定。公式はやりたいと言っているよ。

▼今からでも追い付ける?
ほとんど気にしなくておっけー。
夏にアイテムやテムテム追加くるからそれまでにpt組むといいよ!

temtem配信者の紹介

誰かがプレイしているのをなんとなく眺めたいと思うこともありますよね?
日本配信者プレイヤーは更新が現在ある方を中心に、冒険、ランクマ問わず
海外のプレイヤーは高レート帯ランクマを中心にご紹介します。
視聴時に確認できた最高レートが1200を超えていた場合、こっそり記載してます。
※非配信者日本人プレイヤー紹介もしたかったけど、非配信者だと嫌な方もいると思うので配信者に絞ってご紹介します。

日本人プレイヤー
■ Youtube配信者さん
第一話リンク
【配信】録画
【プレイ】攻略
【platform】youtube

■ ニコニコ配信者さん
第一話リンク
【配信】録画
【プレイ】攻略
【platform】ニコニコ動画

■ Showroom配信者さん
【配信】生放送(告知等)
【プレイ】攻略
【platform】Showroom

■Mildom配信者さん
配信先リンク
【配信】生放送(告知等)
【プレイ】ランクマ
【platform】Mildom

■Youtube配信者さん
配信先リンク
【配信】録画
【プレイ】攻略
【platform】Mildom

■配信者さん
投稿先リンク
配信先リンク
【配信】録画
【プレイ】ランクマ(1475)

■Youtube配信者さん
配信先リンク
【配信】録画
【プレイ】ランクマ
【platform】Youtube

————————————————————–
海外プレイヤー(基本的にアーカイブあり)

■海外配信者さん
配信先リンク
【配信】生放送
【プレイ】ランクマ(1500)

■海外配信者さん
配信先リンク
【配信】生放送
【プレイ】ランクマ(1800)

■海外配信者さん
配信先リンク
【配信】生放送
【プレイ】ランクマ(1700)

■海外配信者さん
配信先リンク
【配信】生放送
【プレイ】ランクマ(1400)

■海外配信者さん
配信先リンク
【配信】生放送
【プレイ】ランクマ(1700)

■海外配信者さん
配信先リンク
【配信】生放送
【プレイ】ランクマ(1700)

■temtemトーナメント
配信先リンク
【配信】生放送
【プレイ】トーナメント

temtemをクリアして次にやること

この記事はtemtem Ver5.x時代に書かれたものです。
記事を読まれているVerと乖離がある場合、内容に間違いがある場合があります。
あらかじめご了承ください。

temtemのプレイありがとうございました。
どうでしたか?マックスには一発で勝てました?luma(色違い)のテムテムには出会えましたか?
kishiwaのアップデート楽しみですね。

さて、クリアしてしまった方にお話ししたいのはtemtemのこれからと、
クリア後何をすればいいのか、です。
現在できるクリア後コンテンツにあまり興味がもてなかったら、中長期のロードマップを確認して、
そこまで休んでもいいし、次のゲームにいってしまうのもいいかなと思います。

現在temtemには目先の詳細の中期ロードマップと、
2年くらいを視野にいれたざっくりとした長期ロードマップがあります。

temtem loadmap

ちなみに春のrelease予定だったコンテンツは3分の1が4/8に来ました。
全体的にスケジュールは後ろ倒しになる傾向はありますが、2-3週間に1度アップデートはあるモチベーションの高い会社です。
またバグもちょいちょいあったりしますが、すぐ直しているイメージです。

定期的なテムテムの追加と、ストーリーの追加ですね。
いったんストーリーは2020年末くらいに完結し、コンソール版を出すのが目標みたいです。

気になるのは・・・
非バトル勢だとハウジングや、テムテムの追加、シナリオアップデートとかでしょうか?コスメスティックストアはたぶんリボンつけたりできるコンテンツな感じがします。
バトル勢だと先日実装されたレート戦の拡充やバトルビデオ、ゲーム内トーナメント、ギルドバトル(ジム争奪戦)とかですかね?
配信勢だとNuzlockeモードですかね。
※Nuzlockeは完全に別サーバーでtemtemが死亡すると復活しない、全滅=キャラデリになる世界。ちなみに対人でも同じため、対人するということは片方のプレイヤーが消えるということ。

temtemの最新情報は
temtem公式ツイッターがダントツでおすすめです。
ついでにもフォローしておきましょう
また攻略サイトは国内のは基本的にダメです。
海外の攻略サイトを参考にしましょう。
official Wiki
temtemstrat

ちょっとバトル勢よりではありますが、クリア後の話をしましょう。

■コースをすべて取得する
temtemに何度でも技を教えることができるアイテムです。
現在18種類くらいあるので、全部取得しましょう。
official Wiki – Item
ここの中にあるcourseを開けばどこに置いてあるか、書いてあります。
いまいちわからない場合はアイテム名などでググれば写真付き解説や、一部日本語記事もでてきますよ。

■道具をすべて取得する
テムテムに追加能力をつけることのできるアイテムです。
交換などはできず、消費もしないもの。
official Wiki – Item
ここの中にあるgearを開けばどこに置いてあるか、書いてあります。
いまいちわからない場合はアイテム名などでググれば写真付き解説や、一部日本語記事もでてきますよ。(さっきも書いたなこれ)
ただ、四葉のクローバーに関しては設置場所がアプデで変わっているので古い情報には気を付けてください。

■temtemを全種類捕まえる
temtemを全種類捕まえるような図鑑集め、そんな好きじゃない人もいますよね?
ただ、テムテムでは完全にタイプ相性を掌握できているのであれば問題ないですが、
戦闘中に”この技をうつと、この敵には弱点か?抵抗か?”といった情報を表示してくれる機能があります。
この機能は所有したことのあるテムテム限定の機能になるので、風・精神タイプに毒うつときに抵抗か等倍かわからないときに
戦闘中のプレミを防ぐことができます。

大雑把な生息地は以下から調べます。
official Wiki – TemtemSpecies
どの草むらで何%ででるかは以下を参考にします。TVsという努力値振るときも超便利です。
temtem map

■色違いを捕まえる
二週間に一回、一部のテムテムの色違い率がアップし、卵技を覚えていることがあります。
saiparkの情報は公式ツイッターを参照ください。

—————————————-

■レート戦に参加する
このゲームで遊んでいくコツは最初から完璧を目指さないことです。
理想個体付加して完璧な努力値振ってもう育成しない!みたいな未来はありません。
このゲームはポケモンよりも努力値の価値が高く、調整の幅がとても広いです。
攻撃・素早さ全振りしようものなら、柔らかすぎて一瞬で溶けます。ぜひ、失敗して自分なりの答えをみつけていってみてください。

このゲームのレート戦はレベル・SVs(個体値)が自動でMAXになります。
いきなり理想個体孵化すると嫌になっちゃうと思うので、適当に捕まえた個体や、
5V(2000パンサンくらいで買える)を捕まえましょう。
もしある程度高個体で育てるなら素早さ50のテムテムがおすすめです。きっとやりこんでいけば理由がわかるはずです。

どんなPTにするのか?はtemteamがおすすめです。
※ちゃんと事前に考えれば500振りして後悔しなくてすむかもしれません。まあ500振っちゃってもいいです。失敗して学びましょう。

ダメージシミュレーターはtestemを使うのが一般的です。

さて、具体的な戦闘のやり方、調整の仕方、バトルの仕様、オーソドックスな育成方法、トップメタなどは別記事で。
いったんはtemtem一覧や技一覧、特製一覧などをみながら(上記攻略サイト参照)、強いと思った構築を作って試して、流行をみて答え合わせしていけばいいと思います。
最初から流行を追ってしまうと、あなたが答えになる機会が減ってしまいますからね。

ぜひレート戦や冬に来るトーナメントでお会いしましょう。